画像
風営法とは…

◎風営法とは・・・
風営法とは、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」です。
風俗の法律と思っていただければよいです。

 1、風俗営業とは・・・

勘違いされることが多いのですが、「風俗」というのはファッションヘルスやソープなどの「性風俗」だけではありません。
キャバレーやホステス、ディスコ、ダンス教室、飲食店、パチンコ店、マージャン店、ゲームセンターなども含まれます。

 2、性的サービスを取り扱うヘルスやソープなどのお店は性風俗関連特殊営業と呼ばれます。

ソープ、ファッションヘルス、ラブホテル、アダルト販売店、出会い喫茶、デリバリーヘルス(デリヘル)、アダルトグッズ通信販売、アダルトサイトなどが対象です。
これらはより厳しい規制がございます。

 3、借金妻 京橋店はもちろん届出済みです。

借金妻 京橋店はホテルヘルス(デリヘル)にあたりますので「無店舗型性風俗特殊営業届出」というものを自治体に申請しております。

 4、風営法に基づいた「性風俗店」とは・・・

無店舗型性風俗特殊営業届出を申請している、お客様の家やホテルでサービスを行う仕事
営業時間・・・ 24時間営業が可能
*店舗型性風俗特殊営業届出を申請しているお店の中でサービスを行う仕事
日の出から午前0時まで営業が可能.


※以下に当てはまる場合は「性風俗店」を経営できません。
・アルコールや薬物の中毒者
・法律違反を犯し、執行を終えてから5年を経過していない方
・暴力的不法行為を行う恐れがあると認められる相当な理由がある方
・風俗営業の許可が取り消されてから5年を経過していない方

 5、風俗営業許可を取るには・・・

必要書類、料金を提出し、許可が出るまで期間を待たなければいけません。

働くのであれば、必ず風俗営業許可をとっているお店を選びましょう。
風俗営業許可をとっていないお店は、危険なお店が多いのが事実です。